Month: 2020 11월

히토타치토 아루

結局別れることになります。 何度も知ってるのに見逃す回数が多いと、男性の方から乗り換えでそちらを捨てます。自分の価値が低くなり、見くびって、もっといい相手に乗り換えたいという熱望が生じます。 そうしたら結局満身創痍でボロボロと捨てられます。 この時がチャンスです。 舌を噛んで耐えてください。この女性が後爆風ひどい理由が何か知っている? 男が浮気をした事実以外はほとんどすべてが完璧だったからだろう。 外貌はとても優れているのではないと文に書いた理由はそれを超える男の能力と家柄があるからだろう。 女性も自分のテーマを知っているから、この男性と別れると、このくらいの能力と家の男性は二度と会えないという不安が大きいから、もっとその影響がひどいんだよ。 デートする間も男がデート費用であり、高価なプレゼントであり、全部買ってくれたに違いないし。 私が女の人たちとある程度会ってみた30代半ばの男なのに…著者の心理はこのような状態であることは明らかだ。 켓쿄쿠 와카레루 코토니 나리마스 난도모 싯테루노니 미노가스 카이스우가 오오이토 단세에노 호오카라 노리카에데 소치라오 스테마스 지분노 카치가 히쿠쿠 나리 미쿠빗테 못토 이이 아이테니 노리카에타이토 유우 네츠보오가 쇼오지마스 소오시타라 켓쿄쿠 만신소오이데 보로보로토 스테라레마스 코노 토키가 찬스데스 시타오 칸데 타에테쿠다사이 코노 조세에가 고 바쿠후우 히도이 리유우가 난카 싯테이루 […]

카노조가 이타라 우와아

とても心が痛くて私の話みたいなのでコメントしてくださいㅠㅠ私も浮気した男許してくれてただ会ったんですよ。 でも結局他の問題で別れました。 ww 私もきっとその時はとてもつらくて勘案して会ったのに急にこんな気がするんですよ。 私が幸せになろうと恋愛をしているのに、どうしてこんなに不幸になりながら恋愛をするんだろう。 こんな考えです。そして本当にその時はその男ほどの人に会えないし、この人しかいないと思うけど嘘のように本当に忘れられてとてもいい人に出会いました。 もう一つの経験をしたと思ってください。 うまく乗り越えられます。 本当に大変だったらやりたいようにやってください!! そして、本人をもっと良い人だと思ってくれたらいいですね。ww 様がその男を捕まえるなら前提が揃わないといけません。 二股三股かけるのを見ても,「それでも本妻は私だ」という錯覚と幻想だけで持ちこたえる精神力 それひとつ備わった状態なら掴んでもいいです。 浮気をする骨に刻んで生まれるという話があるでしょう? 私が浮気なのでその言葉に本当に共感します。 今はそうではないが浮気も習慣です。 精神病の一種です。 治療を受ければ治るんですが、普通浮気者はそれを治療しようとしません。 なぜか。ただ浮気をしながら暮らすのが楽しいから。 そこにそれを知ってても 僕を捕まえてくれる彼女がいたら? うわ~。とても生きがいがありそうですね。 토테모 코코로가 이타쿠테 와타시노 하나시미타이나노데 코멘토시테쿠다사이 와타시모 우와키시타 오토코 유루시테쿠레테 타다 앗타데스요 데모 켓쿄쿠 호카노 몬다이데 와카레마시타 다부류우다부류우 와타시모 킷토 소노 토키와 토테모 츠라쿠테 칸안시테 앗타노니 큐우니 콘나 키가 스루데스요 와타시가 시아와세니 나로오토 […]

오모이마스 겐키다시테네

私もそんなタイプです。 損をする時には皆理由があって、今も後悔していません。 でももう少し生きてみると、 その時、私がソンジョルをしないといけなかったのかな? 極端な状況になる前にもう少し違うように接してみることはできなかっただろうか。という残念な気持ちが残りますね。 「手を切っても大根を切るように切るのではなく、後でまた会っても顔を赤くしないように自然に遠ざかってほしいです。 その時はあまり心の余裕がなかったんです。 今も他の人より短所がもっとよく見えるが曇った目しようと努力中です そして私からも良い人には短所を見せたくなくて善良に見えたくなったんですよ. それで私も私が先に良い人になるように努力して見ようと思います. もちろんここでいい人は家族に接するような無条件のベムではなく、人の悪口を言わずに適当に距離を置いて適当に相手を受け入れてあげることができる心だと思います。 元気出してね! 와타시모 손나 타이푸데스 손오 스루 토키니와 카이리유우가 앗테 이마모 코오카이시테이마세 데모 모오 스코시 이키테미루토 소노 토키 와타시가 손조루오 시나이토 이케나캇타노카나 쿄쿠탄나 조오쿄오니 나루 마에니 모오 스코시 치가우요오니 셋시테미루 코토와 데키나캇타다로오카토 유우 잔넨나 키모치가 노코리마스네 테오 킷테모 다이콘오 키루요오니 키루노데와 나쿠 아토데 마타 앗테모 […]